「心に咲く花会」樋野興夫コラム

一般社団法人がん哲学外来 理事長 樋野 興夫(順天堂大学 名誉教授)コラムです

第210回「心に咲く花会」 義務を尽くせ 〜 潔く専念する 〜

今週、若き日に学んだ【地球規模で考え、地域で行動する(Think globally, Act locally.)】の言葉が鮮明に思い出された。 新渡戸稲造(1862-1933)が、国際連盟事務次長時代(1920-1926)に設立したのが、知的協力委員会(1922年設立)である。 今年(2022年)は、設立100周年である。 【世界の幸福を願い、世界中の叡智を集めて設立した知的協力委員会には、哲学者のベルグソン(Henri-Louis Bergson、1859-1941)や 物理学者のアインシュタイン(Albert Einstein、1879-1955)、キュリー夫人(Madame Curie、1867-1934)らが委員として参加、第一次世界大戦後に困窮が著しかった各国の生活水準の調査や知的財産に関する国際条約案を検討し、各国の利害調整)にあった。 この知的協力委員会の後身がユネスコである。 新渡戸稲造が、愛読したカーライル(Thomas Carlyle, 1795-1881)の『サーター・リサータス:衣装哲学』の【“Do thy Duty, which lies nearest thee, which thou knowest to be a Duty”(汝の義務を尽くせ。汝の最も近くにある義務を尽くせ、汝が義務と知られるものを尽くせ)】の言葉の復習の日々でもある。

 

今年(2022年)は、【環境問題のバイブル】と言われる、アメリカの海洋生物学者レイチェル・カーソン(Rachel Carson 1907-1964)の『沈黙の春(Silent Spring)』(1962年)が出版されて60周年となる。 日本語訳は、戦後初代東大総長であった南原繁(1889-1974)のご長男:今は亡き南原実(1930-2013)氏によって出版されている(青樹梁一というペンネームの為に知る人ぞ知る)。 筆者は、南原繁没30周年記念事業でスタートした【南原繁研究会】(2004年) 以来、南原実 氏とは毎年、wifeと一緒にお逢いして、夕食をしながら、親しい深い学びの時が与えられたものである。 まさに、私にとっては『未来に生きる君たちに』(南原実)の貴重な得難い「人生の特別ゼミナール」の時間であった。【病理学者】の筆者にとっては、【「森を見て木の皮まで」診る者であり、マクロからミクロまでの手順を踏んだ「丁寧な大局観」を獲得する「厳粛な訓練」、「自分の人生に潔く専念する」とは、何かを、深く静思する】実践の場でもあった。 「人生の忘れ得ぬ良き想い出」である。

 

 

 

 

第209回「心に咲く花会」 「山の日」 〜 「誕生の年の初夢;富士山」

今日(2022年8月11日)は「山の日」の休日である。 山梨英和中学校・高等学校 元校長の岩間孝吉 先生から「甲府盆地からの裏 富士山、春と夏の雲を被った麗峰の写真をご覧下さい。」(添付)との心温まるメールが届いた。 今は亡き母の、筆者の誕生の年(1954年)の元旦の夢が「富士山」であり、筆者は、幼児の時から「富士山 子」と 毎日母に励まされたものである。 幼年時代のインプリンテイングは生涯に影響を与えることを実感する。 幼年期の教育の重要性を痛感する今日この頃である。【山の日は、2014年(平成26年)に制定された祝日法(昭和23年7月20日法律第178号)2条では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としている。 日本の祝日の数は16となり、2016年(平成28年)から8月11日が「山の日」となった。】と謳われている。

 

今朝、チラシが、『若き音楽家を育てる会』の上田幸伺 氏から送られて来た(添付)。【今年は教育者・平和主義者の新渡戸稲造(1862-1933)生誕160周年記念にあたり、混迷する時節ではありますが、今回、早稲田奉仕園 スコットホールにて 記念にふさわしい講演と演奏会を行うことにいたしました。 第一部では新渡戸稲造の研究では第一人者の樋野興夫 氏が「新渡戸稲造の教育」について「バチカンと日本100年プロジェクト」アンバサダーでもある加藤一二三 将棋九段が「勝負と信仰」について語ってくれます。 最後に元駐スエーデン大使の大塚清一郎 氏にコメンテーターとして教育者・国際平和主義者の新渡戸稲造について纏めていただきます。 第二部では世界的なピアニスト、フジコ・ヘミングと2017年アンコールゲストとして共演した情熱のヴァイオリニスト、吉田直矢氏、ぴったり息のあったピアノを聴かせてくれる河崎恵さん、そしてクラシカルクロスオーバー歌手の歌姫、田島玲子さんが 皆さんに感動の音楽をプレゼントしてくれるとおもいます。 ご来場を心よりお待ち申し上げます。】とのことである。 新渡戸稲造 著の『武士道』は17カ国語に訳されたと言われている名著である。 筆者の『がん哲学』は、まだわずか3カ国(日本語、中国語、英語)であるが、昨日、留学生に、中国語訳をプレゼントする機会が与えられた。 不思議である。 その時代にあった要請を感ずる日々でもある。


f:id:kokoronisakuhanalife:20220811131737j:image


f:id:kokoronisakuhanalife:20220811131749j:image


f:id:kokoronisakuhanalife:20220811131805j:image

第208回「心に咲く花会」 自分の役割を知る 〜 前進する【居場所】 〜

2022年8月5日【『ハルメク』の記事が送られて来ました。 シリーズなんですね。】(添付)とのメールを『心に咲く花会』編集担当者の森尚子 氏から頂いた。 大いに感動した。 また、早速、「自分の役割を知る・・・どのような立場の人にも 心がけていただきたい言葉だと思います。」、『月刊雑誌「ハルメク」にも、樋野興夫 先生ついにご登場!”がんも病気も個性の一つ”・・・9月号、必読です!』、「先生の記事を とても興味深く拝読いたしました。」などなど、大いに励まされる 心温まるコメントが届いた。涙無くして語れない!

 

第1回:がんも病気も個性のひとつ。 病気であっても病人ではないのです

(1見開き目の見出し):

病気に悩みはつきもの。でも悩むのは一日一時間で十分です

(2見開き目の見出し):

心を人が役立つことに向けるだけで 自分の役割が見えてきます

取材担当の【取材・文=長倉志乃(編集部) イラストレーション=サイトウマサミツ】の熱意には、ただただ感服である。

 

2022年8月5日は、『がんサポートナース』代表:片岡幸子 氏から、Zoom講演『隙間を埋める居場所』を依頼された。 養成講座六期生向けの講座とのことである。【居場所】は『First Contact Team』であり、先日7月30日の京都での講演でも大いに話題になり、今秋は、文京区社会福祉協議会でも、講演会が企画されるようである。 まさに、日本社会の時代的要請となろう! 筆者の夢は、来年、新刊『「First Contact Team」の時代的要請』が発行されることである。 これが、「Medical Town & Medical Village」の実現であろう。 今回、2018年11月10日の奄美群島の伊仙町での『第1回日本メディカルヴィレッジ学会・生涯活躍のまち共催シンポジウム』が鮮明に想い出された。 今年は、福岡県八女市で、『第5回日本メディカルヴィレッジ学会 〜 いのちの授業 〜』企画されている(添付)。 思えば、筆者が【メディカル・ビレッジ構想】を提案したのは、約20年前であろうか?(添付) 歴史は人知を超えて、淡々と、ゆっくりと前進するのを痛感する日々である。


f:id:kokoronisakuhanalife:20220806073928j:image


f:id:kokoronisakuhanalife:20220806073942j:image


f:id:kokoronisakuhanalife:20220806073952j:image

 

 

第207回「心に咲く花会」 心の診察室 〜 先人達の知恵の紐解き 〜

2022年7月28日「福島県立医科大学付属病院 がん相談支援センター」での『吉田富三記念 福島がん哲学外来』に赴いた。【吉田富三(1903~1973): 福島県浅川町生まれの病理学者。「吉田肉腫」及び「腹水肝がん」の発見で世界的に知られ、文化勲章を受けた。 学者としてのみならず、がんという病気を通じて社会の原理にまで言及する言葉を多く残す。】と紹介されている。 また、【福島県出身の世界的病理学者 吉田富三 博士を記念して、博士の孫弟子である樋野興夫 先生が『福島がん哲学外来』を開設しました。 がんと共に生きる患者/ご家族の思いや悩みを ともに考える“心の診察室”です。 対象/がん患者さんやご家族、 完全予約制費用/無料。投薬などの医療行為は行いません。 がんと共に生きる意味やコツを 樋野先生が先人達の知恵を紐解き一緒に考えます。】と謳わられている。 今回の個人面談も大変、有意義な貴重な時が与えられた。

 

吉田富三の愛弟子が 筆者の恩師:菅野晴夫 先生(1925-2016)である。筆者は、菅野晴夫 先生と福島の浅川町に吉田富三記念館と協力して2003年に吉田富三生誕100年事業を実施した。吉田富三は「自分のオリジナルで流行をつくれ」と言い、事にあたっては、考え抜いて日本の持つパワーを十分に発揮して大きな仕事を成し遂げた。 筆者は、吉田富三生誕100年の時、吉田富三の著書を読み、吉田富三は「顕微鏡を考える道具に使った最初の思想家」であり、顕微鏡で見たがん細胞の映像から得た「がん細胞で起こることは人間社会でも起こる」ということが吉田富三の哲学なのだと思った。それを、筆者は『がん哲学』と称したわけである。 先人の精神を学んだことが、自分の専門以外のことであっても 勇気を持って声に出し、行動できるという自信になり『がん哲学外来』が出来たと思っている。

 

吉田富三は病理学という専門分野を極め、さらにまた、医療制度や国語政策にも取り組み、重要な提言を行っている。吉田富三は、「人体の中で起こっていることは、社会と連動している」といい「がん細胞に起こることは必ず人間社会にも起こる」といっている。 ここに、『がん哲学』の源流がある。

第206回「心に咲く花会」 教育の根本 〜 「暇げな風貌」と「偉大なるお節介」 〜

2022年7月21日 恵泉女学園から、東京女子大学の理事会に向かった。 女子教育に 大いなる理解を示した新渡戸稲造(1862-1933: 東京女子大学初代学長)が、河井道(1877-1953: 恵泉女学園 創立者)、津田梅子(1864―1929: 女子英學塾 創立者)、安井てつ(1870-1945: 東京女子大学 第2代学長)を 援護した三人に共通するのは「洗練された自尊心」の人格像であり、 まさに、『種を蒔く人になりなさい』の実践者であろう。「優雅な感情を養うは、他人の苦痛に対する思いやりを生む。しかして他人の感情を尊敬することから生ずる謙遜・慇懃の心は礼の根本をなす」(新渡戸稲造)が、鮮明に蘇って来ました。

 

「教育」: 10カ条
1) 世界の動向を見極めつつ歴史を通して今を見ていく
2) 俯瞰的に理を理解し「理念を持って現実に向かい、現実の中に理念」を問う人材の育成
3) 複眼の思考を持ち、視野狭窄にならず、教養を深め、時代を読む「具眼の士」の種蒔き
4) 自分の研究に自信があって、世の流行り廃りに一喜一憂せず、あくせくしない態度
5) 軽やかに、そしてものを楽しむ。自らの強みを基盤とする。
6) 学には限りないことをよく知っていて、新しいことにも、自分の知らないことにも謙虚で、常に前に向かって努力する。
7) 段階ごとに辛抱強く、丁寧に仕上げていく。 最後に立派に完成する。
8) 事に当たっては、考え抜いて日本の持つパワーを充分に発揮して大きな仕事をする
9) 自分のオリジナルで流行を作れ!
10) 昔の命題は、今日の命題であり、将来のそれでもある。

 

他の人々に注意を向けるには、「暇げな風貌」が必要であると考える。「暇げな風貌」と「偉大なるお節介」は、悠々と謙虚を生むことあろう。「偉大なるお節介症候群」が蔓延化すれば、如何に、「悩める人々の慰め」となろう。「ユーモア(you more) に溢れ、心優しく、俯瞰的な大局観のある人物」の育成訓練でもある。 まさに、「本質的な人間教育の見直し」の時代的様相である。 新渡戸稲造は、「『最も剛毅なる者は最も柔和なる者であり、愛ある者は勇敢なるものである』とは普遍的に真理である。」と述べている。 ごく簡単に言えば、「弱いものいじめをするな」ということであり、「なすべきことをなそうとする愛」ということであろう。 まさに「他人の苦痛に対する思いやり」は、教育の根本である。

第205回「心に咲く花会」 「教育の原点」 〜 『心が通じ合う人と出会う』 〜


2022年7月14日、ルーテル学院大学(東京都三鷹市)のZoom講義『総合人間学』(10:20〜12:00)と対面授業『現代生命科学I』(14:30〜16:10、16:20〜18:00)の3コマの講座に赴いた。

 

『総合人間学』では、『楕円形のこころ』(春秋社 発行)を教科書に用いて、今回は、【第3話『クオリティ・オブ・デスの世界』: 孤独に慣れる、一日一時間の静思、病気であっても病人でない社会、聖書が伝える生命のドラマ、無言の支え、がんとの共存へ、がんを取り巻く環境、クオリティ・オブ・デス、最期の五年間で人生を語る」】を音読しながら進めた。
一日一時間、ひとりで部屋にこもって静かに深く考える習慣を身につける
良質の本に出会い、精読する
人生は茨の道にもかかわらず宴会
人間の寿命
対話学、寄り添い方
天寿がん
「これでよい」、「これでお終い」、「もう逝きます」
一条の光が射すのを待つ
について語った。

 

『現代生命科学I』の『病理学』では、「教科書」の【『老化と老年病』:老化のしくみ、老化によるがんの発生、老化による心血管病、諸臓器の老化と病気、老年病、老年症候群、医療従事者としての心得、「テロメア:老化やがんの原因」、「オートファジー:細胞内のごみ処理施設」、『新生児の病理』:正期産児の疾病、早産児の疾病、胎盤と臍帯血輸血、『先天異常』:先天異常の原因・要因】の箇所を音読しながら授業した。

 

学生の真摯な姿勢と多数の質問には、大いに感激した。 まさに『心が通じ合う人と出会うことが 人間の一番の楽しみである。』(新渡戸稲造;1862-1933)が「教育の原点」であろうことの再認識の時となった。

第204回「心に咲く花会」 『人間社会の縮図』 〜 尺取虫運動に学ぶ 〜

2022年7月9日は、『がん哲学外来コーデイネーター養成講座 in 栃木 〜 人の心に贈り物を残していく ~』(がん哲学外来市民学会大会長 栃木県立がんセンター 副病院長 平林かおる)である。 筆者は、教育講演1「多様性のある制御 〜 Dramatype ~」の機会が与えられた。 講演の趣旨は、下記である。

 

【将来、医師を目指す、医学生の授業では、何時も『発がんの連盟的首位性 〜 Genotype, Phenotype, Dramatype「適時診断と的確治療」〜』として、「初期条件がある範囲にあると、初期の変異が経時的変化とともに分子の相互作用によって、様々に拡大し、将来予測が不可能になる。 これは初期のわずかの変異で大きな効果が出ることを意味する。 非平衡状態にあり外部と相互作用する開かれた複雑系では、初期状態(Genotype)が同じでも、外部から、意識的に適時に介入すれば、ある特異点(Phenotype)で分岐し 多様性のある制御(Dramatype)が可能になるはずである。 病気は Dramatype なる故に、予防、治療が成立する。」と述べる。 また、授業の終わりでは、
『医師の2つの使命』
(1)「学問的、科学的な責任」で、病気を診断・治療するーー>学者的な面
(2)「人間的な責任」で、手をさしのべるーー>患者と温かい人間としての関係を語る。

 

「日本国のあるべき姿」として『日本肝臓論』を展開している。 日本国=肝臓という「再生」論に、具体的なイメージが獲得されよう。 人間の身体と臓器、組織、細胞の役割分担とお互いの非連続性の中の連続性、そして、傷害時における全体的な「いたわり」の理解は、世界、国家、民族、人間の在り方への深い洞察へと誘うのではないだろうか。 『尺取虫運動 = 自分のoriginal pointを固めてから、後ろの吸盤を前に動かし、そこで固定して前部の足に前に進める。 かくていつも自分のoriginalityを失わないですむ』 & 「どんな境遇、状況でも 確実に 前進できる人物になれ」を教わったものである。 まさに『人間社会の病理 〜 尺取虫運動に学ぶ 〜』である。 これが、「がん哲学外来市民学会」の『病理学に学ぶ 〜 人間社会の縮図 〜』ではなかろうか!】である。