「心に咲く花会」樋野興夫コラム

一般社団法人がん哲学外来 理事長 樋野 興夫(順天堂大学 名誉教授)コラムです

第227回「心に咲く花会」 考え抜いて言葉を残す 〜 薪をくべ続ける 〜

2022年11月30日早朝、アメリカ合衆国南カリフォルニアの『メディカルカフェ☆南カリフォルニア』代表の石嶋まりこ氏から、【先日のメールで医療従事者や緩和ケアの方たちからの関心が高まっているとお伝えしましたが、まさに先生が15年前に順天堂で始められた「医者と患者の隙間を埋める」ということの必要性が、今大きく関心を集めているのを感じます。 ずっとずっと前にそれを実行して今も広がり続ける活動にまで薪をくべ続けている先生はやっぱり、宇宙人だと思いました!】とのニューモア溢れる心温まるメールを頂いた。

 

その後、新幹線で2009年に開設された『吉田富三記念福島がん哲学外来』(福島県立医科大学附属病院臨床腫瘍センターがん相談支援センターに於いて)に赴いた。【吉田富三(1903~1973)明治36年福島県浅川町生まれの病理学者。「吉田肉腫」及び「腹水肝がん」の発見で世界的に知られ、文化勲章を受けた。学者としてのみならず、がんという病気を通じて社会の原理にまで言及する言葉を多く残す。】と謳われている。 チラシには、【福島県医大福島県出身の世界的病理学者吉田富三博士を記念して、博士の孫弟子である樋野興夫先生が『福島がん哲学外来』を開設しました。 がんと共に生きる患者/ご家族の思いや悩みをともに考える“心の診察室”です。】と紹介されている。

 

帰京中に、福島県石川郡浅川町にある『吉田富三記念館』の松本三弥子氏から【福島県立医科大学での哲学外来お疲れ様でした。 吉田富三博士に関してのお気持ち大変嬉しく、感謝いたします。 博士の生誕120年、没後50年の年にささやかではありますが企画展を計画しており少しずつすすめているところです。 詳細が決まりましたらご案内申し上げます。 また、樋野先生には引き続きお力添えを賜りますようお願いいたします。】との励ましのメールを頂いた。 先日、筆者は、『吉田富三博士没後50年・生誕120年記念事業』記念誌への執筆の依頼を受けた。【吉田富三博士は、『自分のオリジナルで流行をつくれ』で、「事に当たっては、考え抜いて日本の持つパワーを充分に発揮して大きな仕事をされた。」】と癌研究会癌研究所時代の恩師:菅野晴夫(1925-2016)先生から学んだものである。 今回は、貴重な『福島の旅』となった。

226回「心に咲く花会」 『役割意識 & 使命感の自覚』 〜 役立つことばを 聞く人に話す存在 〜

2022年11月26日(土)、筆者は、午前中の早稲田大学エクステンションセンター中野校(東京都中野区)での講座【『がんと生きる哲学』〜 医師との対話を通して「がん」と生きる方法を考える 〜」】を終えてから、OCC(お茶の水クリスチャン・センター)での『お茶の水(OCC)メディカル・カフェ』に向かった(添付)。 参加者の真摯なる姿に大変感激した。 筆者は別室で、4組の個人面談の機会も与えられた。 『ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい』(エペソ人への手紙4章29節)の学びの時ともなった。『風貌を診て、心まで診る』の病理学者心得の実践である。

 

今年は、2012年にスタートされた『お茶の水(OCC)メディカル・カフェ』の10周年記念である。『来年の干支のウサギの絵柄の羊羹をお願いすることにし、そこに高級なお茶のティーバックを添えることに決めました。』とのことである。 スタッフの皆様のニューモア(You More)溢れる『速効性と英断』の心温まる働きには、ただただ感謝である。 既に、次回の12月の『お茶の水(OCC)メディカル・カフェ』の個人面談の予約も入っているようである。 驚きである。

 

早速、参加されていた写真家の河合章氏から『シャクトリムシの静止画と、動画をお送りしておきます。』との連絡があり、『尺取り虫の写真』(添付)が送られて来た。 大いに感服した。 想えば、筆者は、今は亡き国立がんセンター名誉総長:杉村隆(1926-2020)先生から、杉村隆先生の恩師:中原和郎(1896-1976:癌研所長、国立がんセンター総長)の【尺取り虫運動:自分のオリジナルポイントを固めてから後ろの吸盤を前に動かし、そこで固定して前部の足を前に進める。かくていつも自分のオリジナリテーを失わないですむ】(添付)の精神を学んだものである。 本当に「人生の不思議な不連続性の連続性」を実感する日々である。『わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。』(マタイの福音書4章19節)。 まさに、【人生の方からは期待されている存在】であると実感する深い学びの時が与えられている。 その時、その人らしいものが発動し、『役割意識 & 使命感の自覚へと導く』のであろう。


f:id:kokoronisakuhanalife:20221127085015j:image


f:id:kokoronisakuhanalife:20221127085025j:image


f:id:kokoronisakuhanalife:20221127085035j:image

第225回「心に咲く花会」 出会いの連続 〜 オリジナルで流行をつくれ 〜

2022年11月22日、オンラインイベント『ハルメクでの映画上映&トークイベント』の開催を企画(添付)されているハルメク文化事業部の長倉志乃氏から『おかげさまで多くの参加者さんが、楽しみにしています。 つきましては、事前にトークショーについてのお打ち合わせをお願いしたく思っております。』との連絡が入った。 また、2018年ドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』の映画製作委員の並木秀夫氏からは、『ハルメクさんの取り組みは、コロナ禍で急速に進んだトークショウ付き映画配信、そして樋野先生による連載ともコラボした映画上映イベントです。 コロナ禍、樋野先生からの出演者の紹介で2年続けた、「YouTube がんと生きる言葉の処方箋応援チャンネル」に出演された方々からも支援を頂いております。』との心温まるメールを頂いた。 新渡戸稲造(1862-1933)没90年周年で、ドキュメンタリー映画「現代に生きる新戸部稲造の教育の魂」の製作が進行中とのことである。

 

想えば、2019 年の日米協会での講演『寄り添う・「がん哲学外来」21世紀への懸け橋』(英語の同時通訳)では、『樋野先生は、― 新渡戸稲造内村鑑三(1861-1930)などを研究、医療現場と患者の隙間を埋める心構えを説く「がん哲学外来」を確立され、欧米でも数多くの発表をされています。また今月から「がん哲学外来」を取上げたドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」が劇場公開されています。 本講演では、医療現場や教育、欧米との交流を通じて得られたご経験を踏まえ、医療に於ける日米比較文化論、日本の医療の抱える課題、欧米にも誇るべきアプローチ等をご紹介』と謳われていた。 来年(2023年)は、矢内原忠雄(1893-1961)生誕130周年である。 『矢内原忠雄記念本郷通りカフェ』を主催されている布川麻代氏がシンポジウムを企画される予感がする。 来年は、吉田富三(1903-1973)生誕120周年、没50周年でもある! 癌研時代の恩師 菅野晴夫(1925〜2016)先生との『吉田富三生誕100周年記念』が鮮明に思い出された(添付)。【自分のオリジナルで流行をつくれ ~ 顕微鏡を考える道具に使った最初の思想家/顕微鏡でみた癌細胞の映像に裏打ちされた「哲学」/ 「がん細胞で起こることは人間社会でも起こる」=がん哲学」】の学びであった。 人生は出会いの連続である。


f:id:kokoronisakuhanalife:20221123082043j:image


f:id:kokoronisakuhanalife:20221123082053j:image

 

第224回「心に咲く花会」 「突き抜ける」 〜 常に前に向かって 〜

今年(2022年)は 新渡戸稲造(1862-1933)生誕160周年である。 2022年11月17日 新渡戸稲造の故郷岩手県盛岡での第68回日本病理学会 秋期特別総会『突き抜ける病理学-Breakthrough and Innovation in Pathology』(会長:菅井有 岩手医科大学病理診断学講座教授)参加した。歴史的にタイムリーな時であった。
A演説(学術研究賞演説)
A-1 膵管癌の悪性度を規定する特徴的病理像に係る分子病理基盤の解析:眞
杉洋平(慶應義塾大学医学部病理診断部)
A-2 肝疾患に関する病理学的研究 : 肝臓の内皮細胞が病態に及ぼす影響の
解明:近藤礼一郎(久留米大学医学部病理学講座)
A-3 膠芽腫の分子病態 -代謝が規定するがん細胞の phenotype - :増井 憲
太 (東京女子医科大学病理学講座(人体病理学・病態神経科学分野)
A-4 健康寿命延伸における脂肪細胞のミトコンドリアの量と質の制御:樋上
賀一(東京理科大学薬学部生命創薬科学科分子病理・代謝学研究室 東京
理科大学生命医科学研究所生体運命制御部門)
ランチョンセミナー
悪性中皮腫の形態診断のピットホールと石綿新法による患者認定:岡 輝
明(公益財団法人結核予防会複十字病院病理診断部)
を拝聴した。 日進月歩の学問の大いなる学びの時となった。日々勉強である。まさに、【新しいことにも、自分の知らないことにも謙虚で、常に前に向かって努力する。】の実践の時となった。 その後、新渡戸稲造が初代学長を務めた東京女子大学の理事会が入り帰京した。 大変有意義な新渡戸稲造を思い出す『盛岡の旅』となった。

 

2022年11月18日、文京区社会福祉協議会主催の特別講演『がんと生きる 言葉の処方箋:居 場 所 ~ First Contact Teamの現代的意義 ~』(区民センター)に赴いた(添付)。 多数の質問もあり大変貴重な時であった。 真摯なスタッフの皆様には ただただ感服した。11月11日の『日光東照宮 紅葉🍁と華厳の滝の旅』に参加され『スルメ症候群』認定証(下記)を授与された方も出席されていた。
『スルメ症候群』の3箇条
1.噛めば噛むほどに旨味を感ずる
2.噛んで得た旨味が自身の血となり肉となる
3.必要なときに噛み旨味を得ることができる


f:id:kokoronisakuhanalife:20221119075359j:image

 

第223回「心に咲く花会」 聞いてうなずける 〜 歩みの原点 〜

最近、看護師の戸田裕子氏から、筆者の講演は、『スルメ』のようであると指摘され、『スルメ症候群』認定証が創設された。 そして、先日の『日光東照宮 紅葉🍁と華厳の滝の旅』を契機に『スルメ症候群数え唄』のCD作成が決定される運びとなった。 早速、作詞/作曲/ピアノ教師の中野綾子氏から、【『スルメ症候群数え唄』、1番だけ歌詞ができました。 いかがでしょうか ?(下記)『スルメ症候群数え唄』2番、3番の歌詞を作って年内の完成を目指します!】との感動的なメールを頂いた。「速効性と英断」には、ただただ感服である。

 

『スルメ症候群数え唄』

一度聞いてもわからない
二度も聞いてもわからない
三度聞いて首傾げ
四度聞いてうなずける
あ〜あ〜 スルメ症候群
あ〜あ〜 スルメ症候群
訳がわからんのがいいね

 

2022年11月13日、久しぶりに来日中のアメリカの大学のRay Franklin先生(宣教師)と、帰国前にKBF (Kurume Bible Fellowship)でお逢いした。 想えば、筆者は、Ray Franklin先生達と『エリヤ会』の発足(2002年)に参画した。【「いろいろな機関、グループが調査・研究・討議を重ねて、様々な発表もしてきました。 各分野5〜6人が月1回集まり、議論を積み重ね、3年という期限を切って出発しました…」】と『エリヤのように』(エリヤ会出版委員会;イーグレープ2009年出版)に記述されている(添付)。 2009年の出版記念講演会が、鮮明に想い出された。 筆者が、冗談ぽく「牧師総辞職論・宣教師は がん細胞であれ」とさりげなく語ったことが、大きく新聞に報道されたものである。 大変懐かしい忘れ得ぬ思い出である! エリヤへの励まし「起きて、食べなさい。 旅はまだ遠いのだから。」(列王記II 9章7節)は、生涯の歩みの原点であろう!


f:id:kokoronisakuhanalife:20221113165755j:image

第222回「心に咲く花会」 『英語力と表現力の向上』 〜 「向上心のある教育モデル」 〜

2022年11月6日 『恵泉祭』(恵泉女学園大学 恵泉祭実行委員会主催)に赴いた(東京都多摩市)。 京王多摩センター駅からスクールバスで、恵泉女学園大学に向かった。 屋外での『メイボールダンス』、「恵泉英語教育研究会」による教室での『紙芝居:日本語 & 英語』、そしてチャペルでの『卒業後25年リユニオン in 多摩 <ウエルカムセレモニー> 』に出席した。 今回は、3年ぶりの対面開催とのことである。 早速「本日は恵泉祭にお運びくださいまして、厚く御礼申し上げます。―― リユニオンも3年ぶりに対面で行うことができました。 卒業生も大変喜んでおりました。 恵泉祭をお見守りいただき、リユニオンの会にもご臨席賜りましたこと、心から感謝申し上げます。」との心温まるメールを大日向雅美学長から頂いた。 大変有意義な時であった。

 

学生の『紙芝居』は、多摩市、稲城市内でも行なわれているようである。 さらに、 「パルテノン多摩」(多摩市立複合文化施設)での活動『英語力と表現力の向上』を目指したいとのことである。 「パルテノン多摩」は、多摩ニュータウン・多摩センターのシンボル的な施設と言われており、多摩センター駅から【歩行者専用道路「パルテノン大通り」の突き当たりに位置し、著名な芸術家やミュージシャン、劇団などが招かれる。また、市民自身の発表の場としての利用も多い。 多摩ニュータウンにおける文化の殿堂となり、丘の上にある建物が、ギリシャパルテノン神殿と似ているため名称が選定された】とのことである。 久しぶりに「パルテノン大通り」を散策し心が癒された。

 

2022年11月7日は、CAJ(Christian Academy in Japan)の校長(Elementary School Principal)のwifeを通して紹介された若林寿校長の新座市立新堀小学校(埼玉県新座市)での『いのちの授業』である。 若林寿先生は、最近、筆者の読書会【新渡戸稲造『武士道』(岩波文庫矢内原忠雄訳)と内村鑑三『代表的日本人』 (岩波文庫、鈴木範久訳)】にも参加されている。「当日、CAJの先生による読み聞かせ、幼稚園・保育園との交流、子供の姿勢、認知症サポーター養成講習等、保護者参加形の公開授業を行っています。」との連絡も頂いた。 これからの「向上心のある教育モデル」となる予感がする。

第221回「心に咲く花会」 寄り添いと対話 〜 種が成長して行く 〜

2022年10月31日 東京情報大学看護学部千葉市)での授業「病理学」に赴いた。 今回は、教科書『病態生理学』を用いて「免疫および免疫疾患」、「感染」、「変性・壊死・萎縮・老化」箇所を音読しながら進めた。 特に、コロナ時代において、「感染の成立と修復」、「感染に関する用語」、「交叉感染を防ぐ基礎理論」、「感染症患者のケア」はタイムリーな内容となった。 生徒の真摯な姿勢には、大いに感激した。

 

2022年11月1日は、『がん哲学外来:豊四季カフェ「そらとり」(代表:小林由紀恵氏)1周年記念の会 〜 樋野興夫を囲んで 〜「寄り添うとは」』(柏福音自由教会に於いて)(千葉県柏市)に赴いた(添付)。 多数の質問があり、大変充実した時であった。 早速、多数のメールが頂いた、

 

【「今日はありがとうございました。 偉大なる寄り添いと対話のがん哲学外来カフェを 目指していきます。」、「本日も幸いなお話を有り難うございました。」、「先生の蒔いて下さった そらとりという種が、少しずつ成長して行くのを感じております。 今日、先生が お越し下さったことで、沢山のお水を頂きました! 心から感謝を申し上げます。」、「今日は そらとりカフェ にお越しくださりありがとうございました。 みなさん帰りは とても幸せそうで 本当にカフェで交わることの大切さを感じました。」、『思い返せば、去年の5月あたりに、柏の昼食会で先生から「小林さんたちにカフェをやらせて!」と命を受け、「馬をおりる」「からっぽの器」を念頭に そらとり立上げを お手伝いできたことは本当にありがたいことです。 カフェでは まるで奇跡を見るように、――、樋野先生の先見の明に畏怖を覚えました。 地平線の先までとはいかなくても、この一年で おっしゃられたことが 現実として起きてきたことに 人の出会いの不思議、言葉の力を感じます。」、「山梨英和に行かれたとの由、私の愛する母校です! 幼稚園から高校まで、教室の窓から富士山を眺めて過ごしていました。」、「今日も素晴らしい講演、談話をありがとうございました!」』などなどの心温まる励ましのコメントを頂いた。本当に、今回は、忘れ得ぬ「2日間連チャンの貴重な千葉の旅」となった。


f:id:kokoronisakuhanalife:20221101215625j:image